喫煙を辞めたくても辞められない看護師が多い

喫煙を辞めたくても辞められない看護師が多い

看護師の喫煙率はかなり高いようです。看護師は医療のプロであり、タバコはストレスを解消するものではない上に、病気のリスクがあるということはよく知っているはずです。

しかし、それを知っていながらも喫煙者が多いというのは、やはりストレスを多くか抱えてしまうからだということです。中には喫煙をしていない人もいますが、その多くは体に悪いジャンクフードなどを暴飲暴食してしまっているそうです。

新人のうちは、色々と我慢できる人が多いようですが、最終的には喫煙かジャンクフードかに走ってしまうそうです。そして、「タバコやめたい」「暴飲暴食を辞めたい」と新たな悩みができてしまうのです。特に夜勤のある職場で勤務する看護師に多く見られるそうです。

その理由は、夜勤は思った以上に心身ともにストレスを抱えてしまうからです。もしも夜勤明けぐっすり眠れてしっかり疲労をとることができれば、そこまでストレスはたまらないでしょう。しかし、家庭を持っている多くの看護師は、夜勤を乗り切ったとしても、その後普通の生活をこなさないといけない人が多いのです。心身ともに疲れきっているのに、家族のために普段通り過ごさないといけないのは、とってもストレスがたまります。

そこで、ストレスが解消されるわけではないとわかっていながらも、喫煙にストレス解消を求めてしまうそうです。禁煙したいという理由で転職するのもおかしな話かもしれませんが、勤務するたびにタバコの本数が増えているのならば、思い切って転職するのも良いのではないでしょうか?

環境が変わればストレスが軽減され、タバコの本数が減ったり、禁煙もできるかもしれません。禁煙治療に通う時間が確保できる職場ならばなお良いと思います。

タバコは病気のリスクだけでなく、肌トラブルを引き起こすこともあります。女性はいつまでも美しくありたいと思っている人が多いと思いますし、自分の美を失わないためにも喫煙はおすすめできません!

働きやすくストレスの少ない環境ならば、きっと健康的な生活が送れるようになると思いますので、転職するということを視野にいれてみてはどうでしょうか?

↑ PAGE TOP