看護師パートとして働くメリット

看護師パート > 看護師パートとして日勤だけで働く場合

看護師パートとして日勤だけで働く場合

看護師の仕事と言うと、日勤ばかりでなく夜勤もあるように思われがちですが、実際のところ日勤だけの仕事をしている方も多くいます。 日勤だけの職場には、介護施設やクリニックなどがあります。 たとえ入院施設のある病院でも日勤のみの勤務体系を取ることは可能です。
看護師パートのおすすめ求人先は?

小さいお子さんがいらっしゃったり、家庭をお持ちの看護師の場合、夜間勤務は厳しいと言う方も多いです。 日勤のみの働き方であれば、一般の共働きの家庭と同様に仕事と家庭の両立がスムーズに行きやすいでしょう。

また、夜勤で働いているとどうしても生活が不規則になってしまいます。 生活リズムが崩れることによって、体調を壊してしまうこともあります。 生活が不規則なため、肌荒れに悩んでいる方は大勢いらっしゃいます。 日勤だけで働く場合、規則正しい生活を送ることができるので、毎日の生活をより健康的に過ごすことができます。

しかし、健康的な生活を送りたいけれど、日勤だけでは経済的に厳しいと言う方もいらっしゃるようです。 勤務体制が2交代の場合、1回夜勤に入ると1万円程度の夜勤手当が加算されます。 日勤だけの勤務の場合、夜勤手当は付きませんから、夜勤もこなす看護師と比べると、お給料は低くなります。

また、夜勤にも入って働いていた方が急に日勤だけにすると、かえって仕事がきつく感じることがあるようです。 夜勤のシフトの日は朝がゆっくりできますし、夜勤明けの日は一日中フリーに使えます。 それに比べて、日勤の場合は毎朝早起きすることになるので、自由に使える時間が減ってきつくなったと感じることがあるようです。

どうしても夜勤ができない場合、日勤のみの職場を選ぶと良いでしょう。 病院の外来であれば、勤務時間は8時半から17時くらいのところが多いので、一般の会社と変わりがありません。

クリニックも入院設備がないので日勤のみになりますが、近頃では診療時間を夜の10時頃まで延長して、会社帰りの患者さんに対応しているところも増えていますので、診療時間は確認するようにしましょう。
秋田県看護協会


看護師の転職に役立つのは?

医療関係の中でも、医師と看護師の不足はとても深刻な問題です。 特に看護師については、最近より働きやすい環境や待遇面での好条件を求めて転職を視野に入れている方が増加しているのも特徴的です。 責任の重さや仕事のハードさに見合った収入を、必ずしも得られていないと感じているからこそ新たな職場を探したり、離職したりということにつながっているのでしょう。

新しい職場を探すうえで手助けとなるのが「仕事探しサイト」や「求人サイト」ですが、「本当?」と目を疑うような条件を提示していることがあります。 確かに、すぐにでも応募したくなりますが、条件が良いからには相応の理由があることも考慮したうえでアクセスするか否かを決めた方がよいかもしれません。

マッチングサイトのみならず、各病院のホームページに採用情報が載っているケースも数多くみられます。 雇用側からの情報だけでなく“問い合わせ”などから求職者の希望を聞いてもらえる場合もあるので、転職だけでなくブランクのある方の復帰の後押しにもなるでしょう。

インターネット上の転職サイトは、求人情報誌には書いていない細かな情報を得られるのが特徴で、自分が指定する条件、例えば賃金、働く日数や時間、場所など求職者が何を優先するかを絞って探すことができます。 ランク付けや口コミを参考にしながら情報に惑わされないよう気を付けることも大切です。

サイトによっては、人材として登録しておけば条件にあてはまる求人があった場合にメールが来るという仕組みのところもあります。 ハローワークだと様々な手続きが必要になるうえ、あらゆる求人が網羅されているわけではありません。 山のようにある求人情報を情報を絞って検索し、希望する条件に合致する仕事先をみつけましょう。

看護師転職サイトなら、仕事を続けながら次の職場を探すことはもちろん、アドバイザーが労働条件の交渉や履歴書の記入方法、面接対策などを行ってくれるところもあります。 さらに今の職場をスムーズに退職するためのアドバイスまでしてくれるのです。 当サイトの口コミランキングを参考に転職サイトを選び、希望の条件での転職を成功させましょう。

 喫煙を辞めたくても辞められない看護師が多い   看護師の求人は10~3月に多くなる

 専門看護師ならではのメリットとは?       看護師がそこを選んだ志望動機